フィリピン・ミンダナオ島からのjica視察を受け入れました

jica支援プログラムの一環として、フィリピン・ミンダナオ島からの視察を受け入れました。

参加者は大学教授や行政職員・事業経営者など約20名。日本の中山間農業の地元の農場を見て頂きながら説明し、まごやさいの販売システムをご覧いただきました。

約3時間のプログラムでしたが、非常に活発な質疑応答が続き、関心の高さがうかがえました。

  • Facebookでシェア
  • ツイッターでシェア
  • LINEで送る